【初めての方必見】仮想通貨の始め方はこちら

【初心者向け】ビットコインの問題点は何か?分かりやすく解説します!

ビットコインの問題点って何かな?色々と聞くけど、現在の状況も知りたいし、今後の解決策についても分かっておきたい。って疑問に思ったことありませんか?

今回の記事ではビットコインの問題点と現在の状況、今後の解決に向けての取り組みなどをできるだけ分かりやすく解説していきますので、参考にしてくださいね!

ジャーキーくん
ビットコインの問題点について解説願います!
バッツ博士
今日も張り切っていくぞい!

ビットコインの問題点3つとその解決策

問題点は以下の通りです。

①スケーラビリティ問題


②膨大な電力消費による環境問題

③51%攻撃

スケーラビリティ問題

ビットコインのスケーラビリティ問題とは、1ブロックに書き込める取引データ量(トランザクション)が1MBと小さい為、1ブロックに収まらない取引データの処理遅延が発生し、送金詰まりなどが起きてしまう問題を言います。

この問題はとても深刻で、仮想通貨バブル期ではビットコインを実際に使われる機会が多くなり、たびたび送金遅延が発生していました。

今後、決済手段としてビットコインを普及させるにはこの問題を解決しないといけません。

スケーラビリティ問題の解決策は主に2つある!

  • Segwit(セグウィット)
  • ライトニングネットワーク

Segwit技術でデータ圧縮

Segwitとは、取引データ(トランザクション)を圧縮して、データ量を小さくする技術です。

データ量を圧縮できれば、ブロックにたくさん取引データを書き込むことができますよね!

Segwitは、ビットコインにすでに実装されています。

ライトニングネットワーク

仮想通貨のブロックチェーンを介さずに取引できる分離されたネットワークのことです。

ブロックチェーンの外に、ライトニングネットワークが動作する階層を作るイメージです。

無駄なトランザクションを減少させ、より効率的に取引できるようになるのです。

ライトニングネットワークには、以下のメリットがあります。

①少額決済が可能となる。
②決済スピードがめちゃくちゃ速くなる。
③手数料がめちゃくちゃ安くなる。

重要なのは、ビットコインの問題は、ライトニングネットワークが実用化されると克服できるということです。

アメリカ国内のスタバやアマゾン、Uber等が、Fold社提供のアプリにてBitcoinのライトニングネットワークを利用した少額決済が可能となっています。

今後さらなる普及・実用化が進めば、日常生活でビットコインが快適に使用できるようになる可能性があります。

膨大な電力消費による環境問題

ビットコインはマイニングにより高性能コンピューターを大量に使うことから、膨大な量の電力を消費します。その際に発生する二酸化炭素排出により地球温暖化が進むと問題になっています。NatureのClimate changeに掲載された論文によると、2034年までにでビットコインのマイニングで2度の気温上昇を引き起こす可能性があると報告されています。

Nature Climate Change

Bitcoin is a power-hungry cryptocurrency that is increasingl…

環境問題に対する解決策

この問題の解決策は、今の所ありません。ビットコインは現在の所PoWを変えるつもりはないからです。

しかし、イーサリアムといった別の通貨では、PoW→PoS(プルーフ・オブ・ステーク)という承認方式に移行することが決まっており、この方式により環境問題を解決する予定です。

PoSとは、コインを所有している割合で、ブロックの承認を割り当てられる確率が高まる方式です。

 
ジャーキーくん
じゃあたくさん通貨を所持している人が有利になるから、お金持ちがさらに儲かる仕組みじゃない?
なんか不公平な気がする・・・
 
バッツ博士
不公平が起きないように、その通貨の保有期間考慮されておる。
保有期間と保有量の値に応じて割り当てられる確率が決まり、一度承認作業を行うと、この値が低くなるような仕組みをとっているのじゃ!

こういった仕組みで、一部の組織や団体、個人に承認する権限が偏るのを防ごうとしています。

PoSに移行すれば、マイニングによる環境問題は解決するので、他の通貨はそういった移行の動きがあります。

51%攻撃

51%攻撃とは、悪意のある組織や団体がブロックチェーン上での承認権を独占し、不正を承認したり、正当な取引をわざと承認しなかったりする不正行為のことです。

簡単にいうと、マイナーの計算量の51%以上を組織や団体が独占してしまえば、不正行為ができてしまいます。

この問題は、承認様式がPoWの通貨はすべて当てはまります。

51%攻撃に対する解決策

解決策は、今の所ありません。

ですが、51%攻撃は極めて起こりにくいです。51%攻撃は、メリットがほぼ何もないからです。

膨大な量の高性能コンピューターが必要ですし、せっかく多額のマイニングの報酬をもらえているのに、51%攻撃をすると報酬が貰えなくなります。

ただし、過去に51%攻撃を受けた通貨はありますので、こういった問題があるということを認識しておくことは大切だと思います。

ビットコインの問題点まとめ

◉ビットコインの問題点は主に3つある。


◉スケーラビリティ問題は、ライトニングネットワークが解決策。

。◉膨大な電力消費による環境問題は、ビットコインについては現時点では解決策がないが、他の通貨ではPoSに移行することで解決しようとしている。

◉51%攻撃問題は、現時点では解決策はないが、そもそも51%攻撃を行うメリットがほぼない為、非常に起こる可能性は低い。

以上です。

個人的には、ビットコインがライトニングネットワークで少額決済が世界中でできるようになると、ビットコインの価値はめちゃくちゃ上がると思います。

アメリカの有名な投資家、ティム・ドレイパーは、ライトニングネットワークでビットコインは2023年までに25万ドルまで上昇すると予想しています。参考元

少額決済を担う通貨はどの通貨になるのか、考えるのはとても楽しいですね!ビットコインが少額決済の主役を担うか要注目です!

 

 

最新情報をチェックしよう!